読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京歯科医療安全・感染制御研究会 ~ 滅菌管理部 sterilization & infection control ~

Advanced Care Dental Officeの滅菌管理研究会 オートクレーブ・プレバキューム高圧蒸気滅菌器のボウィー・ディックとヘリックス試験(BOWIE & DICK Test / Helix Test)、Class6/ケミカルインジケータ CI 結果を公開。BA(生物学的モニタリングテスト)東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438

2015.07.24 手袋着用のポリシー

おはようございます。

本日も高圧蒸気滅菌器試運転結果よりご報告いたします。

物理的インジケータは滅菌完了。同封しております、ヘリックスおよびボウィーディックテストともに合格しております。

f:id:tokyo-microscope:20150724091912p:plain

本日は8回滅菌器が稼働しております。

f:id:tokyo-microscope:20150725105904p:plain

f:id:tokyo-microscope:20150725105919p:plain

同封しております、ヘリックスも全て合格しております。

f:id:tokyo-microscope:20150725110031p:plain

本日は7名の患者様が来院されました。

f:id:tokyo-microscope:20150725110057p:plain

患者様ごとに包装された器具内部に同封しております、クラス6のインジケータとヘリックステストの結果です。全て合格しております。

当医院では診療の前に患者様の目の前で個別に包装された器具を開封し、内部の化学的インジケータ(試験紙)の色の変化を見て頂いております。本日使用された器具は全て内部まで蒸気が滞り無く浸透しており、滅菌がされた器具となっております。

患者様ごとに包装した器具内部に同封しております、クラス6のインジケータとヘリックステストの結果も全て合格しております。当院では患者様の目の前で器具を開封し、インジケータの色の確認をお願いしています。自分に使用される器具が綺麗かどうかご自身で確認することができます。

10時間後、生物学的インジケータ結果です。

f:id:tokyo-microscope:20150725112210p:plain

コントロールはPositive、滅菌したものはNegativeを示しており、本日も滅菌保証がなされております。

 

物理的インジケータ、化学的インジケータ、生物学的インジケータの3つの合格をもちまして、本日も滅菌保証がなされております。

 

本日も安全な診療をする事ができました。

今日のトピックス

手袋着用のポリシー

医療従事者は

自分自身が患者からの感染伝播を受けるリスクを減らすため

自分自身の菌が患者に伝播するのを防ぐため

患者から患者へと伝播する可能性のある菌による手の一次汚染を減少するため

以上の3点のために手袋を着用するよう奨励されています。後天性免疫不全症候群の出現前にはある種の病原菌が定着または感染している患者、B型肝炎のリスクの高い患者をケアするスタッフが主として手袋を着用していました。1987年以来、HIVやその他の血液媒介病原菌の患者から、医療従事者への伝播を防止するために手袋着用が著しく増加しました。労働安全衛生局では、血液や血液の混じる体液への曝露の可能性があるあらゆる患者ケア行為において、手袋を着用することを義務づけています。

医療の現場で、手袋の着用が病原体の伝播を減少させることを証明するいくつかの研究があります。スタッフの手指衛生習慣に手袋の着用が与える影響は明らかになっていませんが、手袋を着用するスタッフは病室から出るときに手を洗う可能性がより低いと報告しています。これに対し、手袋を着用するスタッフ鵜は、患者ケアの後に手を洗う可能性がよりひた会との報告もあります。

医療従事者に対しては、手袋は手の汚染を完全に防止するものではないことを知らせるべきです。患者に定着している細菌が、手袋着用者の30%以上から回収されることもあります。手袋にあるピンポールや、手袋を外す時に起こる手の汚染によって、病原体が手に付着することも考えられます。また手袋のパリア性は、素材の種類と品質、使用程度、使用時間、手袋の漏れ検知に使用した方法により異なります。複数種類の手袋を用意しておくことは、スタッフがそれぞれの患者ケア行為に最適な手袋を選択することが出来るので望ましいとされます。また、患者間で手袋を交換しないと、微生物の伝播につながる可能性があるということも頭にいれなければなりません。

 

ご参考まで。

イリタニオフィス滅菌管理研究会

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438