東京歯科医療安全・感染制御研究会 ~ 滅菌管理部 sterilization & infection control ~

Advanced Care Dental Officeの滅菌管理研究会 オートクレーブ・プレバキューム高圧蒸気滅菌器のボウィー・ディックとヘリックス試験(BOWIE & DICK Test / Helix Test)、Class6/ケミカルインジケータ CI 結果を公開。BA(生物学的モニタリングテスト)東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438

2015.07.23 爪とつけ爪

おはようございます。

本日も高圧蒸気滅菌器試運転結果よりご報告いたします。

物理的インジケータは滅菌完了。同封しております、ヘリックスおよびボウィーディックテストともに合格しております。

f:id:tokyo-microscope:20150723100756p:plain

本日は6回滅菌器が稼働しております。

f:id:tokyo-microscope:20150723145743p:plain

f:id:tokyo-microscope:20150723165414p:plain

同封しております、ヘリックスも全て合格しております。

f:id:tokyo-microscope:20150723165806p:plain

 本日は1名の患者様が来院されました。

f:id:tokyo-microscope:20150723150114p:plain

患者様ごとに包装された器具内部に同封しております、クラス6のインジケータとヘリックステストの結果です。全て合格しております。

 

10時間後、生物学的インジケータ結果です。

コントロールはPositive、滅菌したものはNegativeを示しており、本日も滅菌保証がなされております。

 本日もまた、インプラント手術後に外科器具の滅菌をしておりますので、生物学的インジケータの本数が多数となっております。

f:id:tokyo-microscope:20150724120421p:plain

外科器具は滅菌操作が重要です。一番神経を使う作業となります。当院では手術後、また施術前に単独で手術器具を滅菌して確実な滅菌を行っております。

 

物理的インジケータ、化学的インジケータ、生物学的インジケータの3つの合格をもちまして、本日も滅菌保証がなされております。

 

本日も安全な診療をする事ができました。

 

今日のトピックス

爪とつけ爪

手の爪下には細菌が多く、特にコアグラーゼ陰性ブドウ球菌やグラム陰性菌、コリネバクテリア属菌、酵母様真菌が頻繁に潜んでいることが報告されています。塗ったばかりのマニキュアが爪周囲の皮膚から回収される細菌数を増やすということはありませんが、マニキュアが剥げてくると、爪上の微生物数が増殖する可能性があります。注意深く手洗いしたり、手術時手指消毒を行ったりした後でさえ、爪の下の空間に潜在的病原体を相当数保菌している事が多いです。医療に関連した感染の伝播につけ爪が一役かっているかどうかはわかっておりませんが、つけ爪をしている医療従事者はしていない者に比べて、手洗いの前後を問わず爪上にグラム陰性菌を潜ませている可能性は高いです。細菌の増殖のほとんどは、爪下の皮膚から1mmのところで起こるため、爪やつけ爪の長さが重大な要因であるかどうかはわかっていません。しかし、つけ爪が感染の危険を伴うものであることを証明した研究も多くあります。

 

ご参考まで。

イリタニオフィス滅菌管理研究会

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438