読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京歯科医療安全・感染制御研究会 ~ 滅菌管理部 sterilization & infection control ~

Advanced Care Dental Officeの滅菌管理研究会 オートクレーブ・プレバキューム高圧蒸気滅菌器のボウィー・ディックとヘリックス試験(BOWIE & DICK Test / Helix Test)、Class6/ケミカルインジケータ CI 結果を公開。BA(生物学的モニタリングテスト)東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438

2015.07.03 第4級アンモニウム化合物

おはようございます。

本日もEN1306スタンダードオートクレーブリサ試運転結果よりご報告いたします。

物理的インジケータは滅菌完了。化学的インジケータであります、蒸気浸透性試験ヘリックスおよび、管腔器材蒸気浸透性試験ヘリックス、ともに合格しております。

プリンターの不具合の為、前半が出力されていません。

f:id:tokyo-microscope:20150703093330p:plain

 

本日は7回滅菌器が稼働しております。

 

f:id:tokyo-microscope:20150703152019p:plain

f:id:tokyo-microscope:20150703182131p:plain

同封しております、ヘリックスも全て合格しております。

 

f:id:tokyo-microscope:20150703182224p:plain

本日は9名の患者様が来院されました。

 

f:id:tokyo-microscope:20150703182248p:plain

患者様ごとに包装された器具内部に同封しております、クラス6のインジケータとヘリックステストの結果です。全て合格しております。

当医院では診療の前に患者様の目の前で個別に包装された器具を開封し、内部の化学的インジケータ(試験紙)の色の変化を見て頂いております。本日使用された器具は全て内部まで蒸気が滞り無く浸透しており、滅菌がされた器具となっております。

 

10時間後、生物学的インジケータ結果です。

f:id:tokyo-microscope:20150704092146p:plain

コントロールはPositive、滅菌したものはNegativeを示しており、本日も滅菌保証がなされております。

 

物理的インジケータ、化学的インジケータ、生物学的インジケータの3つの合格をもちまして、本日も滅菌保証がなされております。

 

本日も安全な診療をする事ができました。

今日のトピックス

第4級アンモニウム化合物

第4級アンモニウム化合物は、構造や複雑性の異なる4つのアルキル基に直接結合した窒素原子からなります。この化合物には多くの種類がありますが、アルキル塩化ベンザルコニウムが生体消毒薬として最も広く使用されています。生態消毒薬として使用されている他の化合物としては、塩化ベンゼトニウム、セトリミド、塩化セチルビリジウムがあります。これら化合物の抗菌活性は、1900年代初頭に初めて研究され、1935年には第4級アンモニウム化合物は外科医の術前の手指消毒用として使用されています。これら化合物の抗菌活性は、おそらく細胞膜への吸着と、それに引き続き起こる低分子量の細胞質の流出によるものと推測されます。第4級アンモニウム化合物は元来細菌と真菌に対して静菌的作用ですが、高濃度ではある種の微生物に対して殺菌作用を示します。グラム陰性菌よりもグラム陽性菌に対しての活性は比較的弱く、脂肪親和性のウイルスに対してはより強い活性があります。第4級アンモニウム化合物の抗菌活性は、有機物質の存在によりマイナスの影響を受け、陰イオン性界面活性剤おは互換性がありません。皮膚に対しては使用許容濃度範囲内で消毒効果を示しますが、グラム陰性菌に対して活性が弱いため、塩化ベンザルコニウムはグラム陰性菌で汚染された第4級アンモニウム化合物を原因とする感染や偽性感染のアウトブレイクがいくつか報告されています。そのため、米国ではこの15〜20年間手指消毒用には使用されていません。しかし塩化ベンザルコニウムや塩化ベンゼトニウムを含む新しい手洗い製品が、医療従事者用として最近販売されています。

 

ご参考まで。

イリタニオフィス滅菌管理研究会

 

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438