東京歯科医療安全・感染制御研究会 ~ 滅菌管理部 sterilization & infection control ~

Advanced Care Dental Officeの滅菌管理研究会 オートクレーブ・プレバキューム高圧蒸気滅菌器のボウィー・ディックとヘリックス試験(BOWIE & DICK Test / Helix Test)、Class6/ケミカルインジケータ CI 結果を公開。BA(生物学的モニタリングテスト)東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438

2015.06.20 手を媒介とする細菌伝播モデル

おはようございます。

本日も高圧蒸気滅菌器試運転結果よりご報告いたします。

物理的インジケータは滅菌完了。同封しております、ヘリックスおよびボウィーディックテストともに合格しております。

f:id:tokyo-microscope:20150620084612p:plain

本日は6回滅菌器が稼働しております。

f:id:tokyo-microscope:20150620163502p:plain

f:id:tokyo-microscope:20150620164342p:plain

同封しております、ヘリックスも全て合格しております。

f:id:tokyo-microscope:20150620164716p:plain

本日は7名の患者様が来院されました。

f:id:tokyo-microscope:20150620164031p:plain

10時間後、生物学的インジケータ結果です。

コントロールはPositive、滅菌したものはNegativeを示しており、本日も滅菌保証がなされております。

f:id:tokyo-microscope:20150622093241p:plain

物理的インジケータ、化学的インジケータ、生物学的インジケータの3つの合格をもちまして、本日も滅菌保証がなされております。

今日のトピックス

手を媒介とする最近伝播モデル

様々な実験モデルで感染性微生物の伝播について何人かが研究しています。ある研究では看護師に対してグラム陰性菌が極めて多く定着する患者股部分に15秒触るように実験が組まれました。看護師は次に普通石鹸と水、あるいはアルコールリンスで手の洗浄を行いました。手の洗浄を行った後、指を使って導尿カテーテルの一片にふれ、当該カテーテル片の培養を行いました。この研究では、患者の湿り気はあるが損傷のない皮膚部分に触れると、普通石鹸と水で手洗いを行っても、最終的にカテーテル片への伝播となるのに十分な微生物が看護師の手に移動することがわかりました。

手の接触を媒介とした、人工的に汚染されたドナーの布から、清潔なレシピエントの布への微生物の伝播も研究されています。この研究結果からは、接触時にドナーの布が手でぬれている場合には、移動する微生物数が多い事を示しています。全体としては、汚染されたドナーの布からの微生物の0.06%のみが、手の接触を媒介としてレシピエントの布に移っています。汚染布から清潔布に手を媒介として移ったスタフィロコッカスサプロフィティクス、緑膿菌、セラチア属菌は、大腸菌のそれよりも多かったのです。また、濡れた手からさまざまな表面に移動する微生物数は、完全に乾いた手からの移動の数よりも多くなります。

 

ご参考まで。

 

イリタニオフィス滅菌管理研究会

 

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438