東京歯科医療安全・感染制御研究会 ~ 滅菌管理部 sterilization & infection control ~

Advanced Care Dental Officeの滅菌管理研究会 オートクレーブ・プレバキューム高圧蒸気滅菌器のボウィー・ディックとヘリックス試験(BOWIE & DICK Test / Helix Test)、Class6/ケミカルインジケータ CI 結果を公開。BA(生物学的モニタリングテスト)東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438

2015.06.08 麻疹、風疹、流行性耳下腺炎、水痘ワクチンの種類と効果

おはようございます。

本日も高圧蒸気滅菌器試運転結果よりご報告いたします。

物理的インジケータは滅菌完了。同封しております、ヘリックスおよびボウィーディックテストともに合格しております。

f:id:tokyo-microscope:20150608111010p:plain

 本日は7回滅菌器が稼働しております。

f:id:tokyo-microscope:20150608163732p:plain

f:id:tokyo-microscope:20150608175245p:plain

 

同封しております、ヘリックスも全て合格しております。

f:id:tokyo-microscope:20150608175127p:plain

 

本日は4名の患者様が来院されました。

f:id:tokyo-microscope:20150608170704p:plain

 

患者様ごとに包装された器具内部に同封しております、クラス6のインジケータとヘリックステストの結果です。全て合格しております。

当医院では診療の前に患者様の目の前で個別に包装された器具を開封し、内部の化学的インジケータ(試験紙)の色の変化を見て頂いております。本日使用された器具は全て内部まで蒸気が滞り無く浸透しており、滅菌がされた器具となっております。

 

10時間後、生物学的インジケータ結果です。

f:id:tokyo-microscope:20150609094833p:plain

コントロールはPositive、滅菌したものはNegativeを示しており、本日も滅菌保証がなされております。

 

物理的インジケータ、化学的インジケータ、生物学的インジケータの3つの合格をもちまして、本日も滅菌保証がなされております。

 

本日も安全な診療をする事ができました。

 

今日のトピックス

麻疹、風疹、流行性耳下腺炎、水痘ワクチンの種類と効果

【接種するワクチンの種類】

薬事法に基づいて承認され、2014年現在国内で接種可能なワクチンとしては、麻疹と風疹は混合ワクチンと単抗原ワクチンの両方がありますが、その他のワクチンは単抗原ワクチンのみです。接種に際しては医師が特に必要と認めた場合、複数ワクチンの同時接種が可能です。その場合、別々の注射器で別々の部位に接種する必要があります。ワクチンの同時接種を院内コンセンサスとしたことなどが短時間で多数の職員に対して高い接種率でワクチン接種を完遂できた要因であるという報告もあります。1つずつ別の日に接種を行う場合は、これら4つのワクチンは生ワクチンであることから、中27日以上の間隔をあけて接種する必要があることに注意が必要です。

 

【効果】

いずれのワクチンも1回接種で90%以上の免疫獲得が期待されますが、数%の1次性ワクチン不全があること、ワクチン接種後の年数家かとともに免疫が減水し発症する2次性ワクチン不全があることから、2006年度から麻疹と風疹については、1歳児と小学校入学前1年間の幼児に対して、予防接種法に基づく2回接種が導入されました。また、2007年〜2008年に10〜20代を中心とした麻疹の全国流行があったことから、2008年度から5年間の時限装置として、中学1年生と高校3年生相当年齢の者に対して、予防接種法に基づいて2回目の定期接種の機会が導入されました。以上の対策により1990年4月2日以降に生まれた者については、麻疹と風疹については2回の接種機会があったことになります。麻疹、風疹の1回接種後の抗体保有率は約95%、2回接種後では約99%です。

 

ご参考まで。

イリタニオフィス滅菌管理研究会

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438