東京歯科医療安全・感染制御研究会 ~ 滅菌管理部 sterilization & infection control ~

Advanced Care Dental Officeの滅菌管理研究会 オートクレーブ・プレバキューム高圧蒸気滅菌器のボウィー・ディックとヘリックス試験(BOWIE & DICK Test / Helix Test)、Class6/ケミカルインジケータ CI 結果を公開。BA(生物学的モニタリングテスト)東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438

2015.05.18 シールバリデーションの日常管理

おはようございます。

本日もEN1306スタンダードオートクレーブリサの試運転結果よりご報告いたします。物理的インジケータは滅菌完了。蒸気浸透性試験ボウィーディックテスト、管腔器材蒸気浸透性試験ヘリックスともに合格しております。

f:id:tokyo-microscope:20150518091203p:plain

本日は8回滅菌器が稼働しました。

f:id:tokyo-microscope:20150518135737p:plain

f:id:tokyo-microscope:20150518180453p:plain

各回ごとに同封しております、ヘリックスも全て合格しております。

f:id:tokyo-microscope:20150518180610p:plain

本日は5名の患者様が来院されました。当医院では診療の前に患者様の目の前で個別包装された器具を開封し、内部に入れております、クラス6のインジケータの色の変化をご自身の目で確認して頂いております。

f:id:tokyo-microscope:20150518162143p:plain

10時間後生物学的インジケータの結果です。

比較対称となりますコントロールはPositive、滅菌したものはNegativeを示しております。

f:id:tokyo-microscope:20150519152152p:plain

物理的インジケータ、化学的インジケータ、生物学的インジケータの3つの合格が揃いまして本日も滅菌が保証されております。

本日も安心して診療を受けて頂けました。

 

本日のトピック

シールバリデーションの日常管理

⑴管理パラメータ

シールバリデーションの結果に基づき、日常のシール作業に必要なパラメータの管理を行います。シールバリデーションでの重要パラメータは以下を含みます。

シール温度

シール時の圧力

シール時間

この管理項目が維持されているか管理項目を文書化し、評価し、記録します。

⑵滅菌条件の考慮

滅菌条件を考慮したシール強度を規定し、管理します。

バッグシーラの温度、圧力、シール時間(ダイヤルつまみによる相対表示機種もあり)の日常管理を行います。管理パラメータは予め規定し、文書化します。

 

【再バリデーション】

シール工程の適格性の再確認は、バッグシーラの装置、較正、シール強度の再評価を行います。再評価期間は、予め文書化します。

【設備管理】

 IQ 、バッグシーラ据付後稼働時間を記録し、一定時間経過後消耗品の(インクリボン、ヒータ付設のテフロン、ヒータ交換、温度調節器、シリコンゴム)取り替えを行います。交換前後には、ヒートシール強度の確認を行います。

 

ご参考まで。

イリタニオフィス滅菌管理研究会

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438