東京歯科医療安全・感染制御研究会 ~ 滅菌管理部 sterilization & infection control ~

Advanced Care Dental Officeの滅菌管理研究会 オートクレーブ・プレバキューム高圧蒸気滅菌器のボウィー・ディックとヘリックス試験(BOWIE & DICK Test / Helix Test)、Class6/ケミカルインジケータ CI 結果を公開。BA(生物学的モニタリングテスト)東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438

2015.05.01 生物学的インジケータの使用方法

おはようございます。

本日もEN1306スタンダードオートクレーブリサ試運転結果よりご報告いたします。

物理的インジケータは滅菌完了。化学的インジケータであります、蒸気浸透性試験ヘリックスおよび、管腔器材蒸気浸透性試験ヘリックス、ともに合格しております。

f:id:tokyo-microscope:20150501093502p:plain

本日は8回滅菌器が稼働しております。

f:id:tokyo-microscope:20150501134720p:plain

f:id:tokyo-microscope:20150501181753p:plain

同封しております、ヘリックスも全て合格しております。

f:id:tokyo-microscope:20150501181901p:plain

本日は7名の患者様が来院されました。

患者様ごとに包装された器具内部に同封しております、クラス6のインジケータとヘリックステストの結果です。全て合格しております。

当医院では診療の前に患者様の目の前で個別に包装された器具を開封し、内部の化学的インジケータ(試験紙)の色の変化を見て頂いております。本日使用された器具は全て内部まで蒸気が滞り無く浸透しており、滅菌がされた器具となっております。

f:id:tokyo-microscope:20150501170515p:plain

10時間後、生物学的インジケータ結果です。

f:id:tokyo-microscope:20150502123632p:plain

コントロールはPositive、滅菌したものはNegativeを示しており、本日も滅菌保証がなされております。

 

物理的インジケータ、化学的インジケータ、生物学的インジケータの3つの合格をもちまして、本日も滅菌保証がなされております。

 

本日も安全な診療をする事ができました。

今日のトッピックス

生物学的インジケータの使用方法

BIを工程試験用具(PCD)に挿入し、滅菌が最も困難な場所に置きます。医療機関における滅菌工程のバリデーションや日常の工程モニタリングにおいて最も一般的に使用されているPCDとしてAAMIも規定するPCDが挙げられます。PCDは、その適用を確認して選択、使用しなければなりません。高圧蒸気滅菌(EN規格において規定されるチャンバー容積60リットル以上の高圧蒸気滅菌器)への管状(ホロー型)PCDの適用は、年1回のバリデーションにおいて実施を考慮する蒸気浸透試験と規定されています。日常の高圧蒸気滅菌工程のモニタリングに使用する管状(ホロー型)PCDは国際標準化機構の専門技術委員会(ISO/TC198)において検討段階であり、今後の進展が期待されます。

BIでの滅菌工程のモニタリングは滅菌物の質保証に直接的に影響するため、リコールリスクの低減と滅菌物の質保証の標準化という観点から積極的なBIでのモニタリングの実施が望ましいとされます。事実、国内外の医療機関におけるBIでのモニタリング頻度についての研究などから、その頻度に実態および近年における推移が報告されています。加えてBIでのモニタリング頻度によるリコールのリスク管理については費用対効果も報告されているところです。これらの内容を含め、関連の国内外のガイドラインや推奨業務や実績可能性、患者安全とリコールリスクの管理を考慮し、医療機関では各滅菌法におけるBIの使用頻度を決定すべきです。

滅菌処理後、BIを取り出し、製造業者の推奨する条件で培養を行い、結果を判定します。BIはCIのように特定の重要な滅菌工程パラメータのみをモニタリングするわけではなく、パラメータのモニタリングに加えて滅菌工程における微生物殺滅効果を直接的に検証することが出来るため、滅菌工程の適格性を総合的に判断するのに適しています。

手術室にて運用されるフラッシュ滅菌については、緊急時の適用とすべきです。フラッシュ滅菌は手術に供される医療機器に適用されることに食えあえて、通常の高圧蒸気滅菌に比べて多くのリスクを含む事から、短時間での処理が可能なことによる日常的使用は避けなければなりません。特にインプラントのフラッシュ滅菌は臨床上の緊急な状況を除き、極力避けるべきです、フラッシュ滅菌についての留意事項としては、空気排除工程が含まれず、より短い曝露時間が採用されるために滅菌の確実性損なわれやすい事、BIの判定を待てないなどモニタリング方法に制限が生じる事、滅菌後から使用現場までの搬送において微生物汚染が懸念されること、滅菌物が冷める前に患者に使用され火傷につながる恐れがあることなどが挙げられます。これらのことから、適正かつ安全なフラッシュ滅菌の使用と工程モニタリングには、より一層の注意を払うべきです。

 

ご参考まで。

イリタニオフィス滅菌管理研究会

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438