東京歯科医療安全・感染制御研究会 ~ 滅菌管理部 sterilization & infection control ~

Advanced Care Dental Officeの滅菌管理研究会 オートクレーブ・プレバキューム高圧蒸気滅菌器のボウィー・ディックとヘリックス試験(BOWIE & DICK Test / Helix Test)、Class6/ケミカルインジケータ CI 結果を公開。BA(生物学的モニタリングテスト)東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438

2015.04.28. 化学的インジケーター

おはようございます。

本日もEN1306スタンダードオートクレーブリサ試運転結果よりご報告いたします。

物理的インジケータは滅菌完了。化学的インジケータであります、蒸気浸透性試験ヘリックスおよび、管腔器材蒸気浸透性試験ヘリックス、ともに合格しております。

 \f:id:tokyo-microscope:20150428101546p:plain

本日は7回滅菌器が稼働しております。

f:id:tokyo-microscope:20150428144341p:plain

f:id:tokyo-microscope:20150428182552p:plain

同封しております、ヘリックスも全て合格しております。

f:id:tokyo-microscope:20150428182722p:plain

 本日は5名の患者様が来院されました。

患者様ごとに包装した器具内部に同封しております、クラス6のインジケータとヘリックステストの結果も全て合格しております。当院では患者様の目の前で器具を開封し、インジケータの色の確認をお願いしています。自分に使用される器具が綺麗かどうかご自身で確認することができます。

f:id:tokyo-microscope:20150428164910p:plain

10時間後、生物学的インジケータ結果です。

f:id:tokyo-microscope:20150430093209p:plain

コントロールはPositive、滅菌したものはNegativeを示しており、本日も滅菌保証がなされております。

 

物理的インジケータ、化学的インジケータ、生物学的インジケータの3つの合格をもちまして、本日も滅菌保証がなされております。

 

今日のトピックス

化学的インジケータの使用上の注意と勧告

《使用上の注意》

誤った結果を避けるためにCI製造業者が指定した方法以外で用いてはいけません。使用前の保存条件(温度、相対湿度)は製造業者が指定した条件を厳守します。適切にCIの判定結果を解釈出来るよう、滅菌責任者はCIの取り扱い方法や判定方法についてのトレーニングや情報を使用者に提供しなければなりません。使用者が正しくCIの判定結果を解釈できなければ、滅菌工程の不具合を検出し損ねる可能性が生じます。

《バリデーションに基づいたCIの運用》

各項に要求されるバリデーションに基づき、各滅菌法に沿ってCIの運用を規定し、文書化します。

《CIの分類》

インジケータを選択、使用する際には、反応する重要なパラメータを把握します。インジケータを選択後、使用する際には、適用可能な滅菌条件を把握します。

《日常のモニタリング》

包装外部用CI
全ての包装に包装外部用CIを使用します。ただし、包装内部用CIが視認可能で既滅菌物と未滅菌物の識別が容易に可能な場合には、必ずしも包装外部用CIを使用しなくてもよいです。

包装内部用CI

全ての包装に包装内部用CIを使用します。最も滅菌が困難と考えられる部位に置かれた包装、コンテナなどの厳重な包装、手術に供される医療機器を含む包装、フラッシュ滅菌で処理する滅菌物および包装などには必ず使用します。

ボヴィー・ディックテスト

毎日の運転開始前に行い、合格することを確認します。滅菌器の移設、修理、故障、滅菌不良の際には3回連続行い、合格することを確認します。

《保管と取扱い》

CI製造業者が推奨する保管方法を確認し、遵守します。CIの取扱い方法や判定方法についてのトレーニングや情報を使用者に提供します。

 

ご参考まで。

イリタニオフィス滅菌管理研究会

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438