東京歯科医療安全・感染制御研究会 ~ 滅菌管理部 sterilization & infection control ~

Advanced Care Dental Officeの滅菌管理研究会 オートクレーブ・プレバキューム高圧蒸気滅菌器のボウィー・ディックとヘリックス試験(BOWIE & DICK Test / Helix Test)、Class6/ケミカルインジケータ CI 結果を公開。BA(生物学的モニタリングテスト)東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438

2015.04.18 蒸気滅菌における滅菌剤の特性と滅菌物

おはようございます。

本日も高圧蒸気滅菌器試運転結果よりご報告いたします。

物理的インジケータは滅菌完了。同封しております、ヘリックスおよびボウィーディックテストともに合格しております。

f:id:tokyo-microscope:20150418090600p:plain

本日は7回滅菌器が稼働しております。

f:id:tokyo-microscope:20150418155751p:plain

f:id:tokyo-microscope:20150418172106p:plain

同封しております、ヘリックスも全て合格しております。

f:id:tokyo-microscope:20150418172512p:plain

 本日は6名の患者様が来院されました。患者様ごとに包装された器具内部に同封しております、クラス6のインジケータとヘリックステストの結果です。全て合格しております。

f:id:tokyo-microscope:20150418160043p:plain

10時間後、生物学的インジケータ結果です。

コントロールはPositive、滅菌したものはNegativeを示しております。

f:id:tokyo-microscope:20150420092738p:plain

 

物理的インジケータ、化学的インジケータ、生物学的インジケータ3つ全ての合格を確認いたしまして、本日も滅菌保証がなされております。

今日のトピックス

蒸気滅菌における滅菌剤の特性と滅菌物

【滅菌剤の特性】

微生物への有効性

一般的に知られている滅菌温度ー保持時間とは違う条件にて運転を行う場合には、微生物学的有効性について立証します。

滅菌への影響

①滅菌物への汚れや発生する腐食を防止するために滅菌剤に要求される基準を遵守します。

②滅菌物への物理的あるいは化学的性質への蒸気曝露に対する影響について評価を行う事が望ましいとされます。

 

【滅菌物】

洗浄度と乾燥の確認

滅菌物の洗浄度は目視により汚れがないことを確認してから、滅菌処理を行います。滅菌物は十分に乾燥させてから滅菌処理を行います。

飽和蒸気との適合性

滅菌物と蒸気滅菌との適合性を把握します。

⑶物理的環境変化への適合性

滅菌物は滅菌工程における温度、圧力変化によって生じる機能および性能の変化が許容限度以下でなければなりません。

再使用可能な医療機器

繰り返し再使用可能な医療機器については、繰り返し滅菌可能回数に留意します。

浸透性

滅菌物は、蒸気が内部に浸透する形状でなければなりません。また蒸気浸透に対する抵抗性は事前に製造業者からの情報を得るなどして評価し、文書化して運用します。

包装

滅菌物の包装材は、蒸気および空気の透過性について十分に留意します。

 

※滅菌物を適切に滅菌できる滅菌器と滅菌工程を選定し、SALが達成され、滅菌物の機能および性能に影響を与えない滅菌条件を設定することが必要とされます。

 

ご参考まで。

イリタニオフィス滅菌管理研究会

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438