東京歯科医療安全・感染制御研究会 ~ 滅菌管理部 sterilization & infection control ~

Advanced Care Dental Officeの滅菌管理研究会 オートクレーブ・プレバキューム高圧蒸気滅菌器のボウィー・ディックとヘリックス試験(BOWIE & DICK Test / Helix Test)、Class6/ケミカルインジケータ CI 結果を公開。BA(生物学的モニタリングテスト)東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438

2015.03.11 WDにおける熱水消毒の特性 Aノートの実際

おはようございます。本日も試運転結果よりご報告いたします。

物理的インジケータは滅菌完了。高圧蒸気滅菌器のPCDである化学的インジケータ簿ウィーディックテストおよびヘリックステストも合格しております。

この試験の結果を受けて、本日も高圧蒸気滅菌器を使用する許可がおりました。

f:id:tokyo-microscope:20150311092436p:plain

本日は6回滅菌器が稼働しております。

f:id:tokyo-microscope:20150311165828p:plain

f:id:tokyo-microscope:20150311182002p:plain

日常のバリデーションで推奨されております、ヘリックステストも全て合格しております。

f:id:tokyo-microscope:20150311182009p:plain

本日は6名の患者様が来院されました。

f:id:tokyo-microscope:20150311165852p:plain

10時間後、生物学的インジケータの結果です。

f:id:tokyo-microscope:20150311195308p:plain

比較対象となるコントロールはPositive、滅菌したものはNegativeを示しており、試運転から始まる、物理的インジケータ、化学的インジケータ、生物学的インジケータの3つが揃いまして、本日の滅菌保証が成されております。

本日のトピック

WDにおける熱水消毒の特性

前回は熱水消毒の特性の概要を占めした。本日は具体的な規定値についてお話したいと思います。

A0値の実例として、血液で汚染された手術器械を例にして説明します。WDの国際規格(ISO15883)では、手術器械にA0値600以上を適用すること、手術器械に用いるWDの性能にA0値3000以上を達成できることを求めている。

またWorld Forum for Hospital sterile Service(WFHSS)は、細菌や熱に弱いウイルスにはA0 値600を、B型肝炎ウイルスなどの耐熱性病原体にはA0値3000を推奨しています。

ちなみに、我が国においては90〜93℃5〜10分(A0値3000〜12000)が広く使用されています。

 

ご参考までに。

 

イリタニオフィス滅菌管理研究会

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438