東京歯科医療安全・感染制御研究会 ~ 滅菌管理部 sterilization & infection control ~

Advanced Care Dental Officeの滅菌管理研究会 オートクレーブ・プレバキューム高圧蒸気滅菌器のボウィー・ディックとヘリックス試験(BOWIE & DICK Test / Helix Test)、Class6/ケミカルインジケータ CI 結果を公開。BA(生物学的モニタリングテスト)東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438

2015.03.5 洗浄実務の一般的ガイドライン

おはようございます。

本日も高圧蒸気滅菌器 LISA試運転結果よりご報告いたします。

物理的インジケータは滅菌完了。同封しております、ヘリックス、ボウィーディックテストともに合格しております。

f:id:tokyo-microscope:20150305123444p:plain

本日は5回滅菌器が稼働しました。

f:id:tokyo-microscope:20150305171435p:plain

f:id:tokyo-microscope:20150305182940p:plain

同封しております、ヘリックスも全て合格しております。

f:id:tokyo-microscope:20150305183111p:plain

 本日は6名の患者様が来院されました。 

f:id:tokyo-microscope:20150305171418p:plain

f:id:tokyo-microscope:20150306093933p:plain

10時間後コントロールはPositive、滅菌したものはNegativeを示しており、本日も滅菌保証が成されております。

今日のトピックス

洗浄実務の一般的ガイドライン

・いつもできる限り、器材は使用後すみやかに洗浄消毒する

新品の器材であっても滅菌前に必ず洗浄する

・製造元の指示に正しく従う

・洗浄消毒のために指示されたvに守る

・洗浄前にヒンジは必ず開いておく

・使用方法に従い器材は処理前にできる限り全て分解する

・必ず適正な洗浄具やアクセサリーのみを使用する

・ウォッシャーディスインフェクターも超音波洗浄機も過積載はしない「陰」になる 箇所を作らない

・用手洗浄では金属ブラシや金属タワシは使用しない

・洗浄後は充分にすすぎ、可能であれば、脱イオン水を使用する

・すすぎ後、充分に乾かす

磨滅、腐食、変形、孔食または損傷した器材は分別し、廃棄する

・衛生上の理由から、完全な再処理工程を済ませてから器材を修理にだす

・ヒンジやジョイント部がある器材は、パラフィン油ベースの潤滑油で手入れする。た だし軟性内視鏡やアクセサリーには絶対に用いない

器材は組み立てた後、それぞれに作業点検を行う。器材によっては特別な試験方法が 必要な場合がある。ヒンジ付き器材は点検前に潤滑油を塗布する

・ラチェット付きの器材は、滅菌前にノッチ1コマ分だけ閉じておく

 

上記が一般的なガイドラインです。

ガイドラインは以下ベースですが、歯科の場合接着剤が器具に残っている事があり、金属のブラシを使用しないととれない場合があります。汚れが残るのをとるか、金属イオンを気にするのか...判断に迷うところです。

 

歯科でも独自に考えていく必要性がありますね。

 

イリタニオフィス滅菌管理研究会

 

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438