読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京歯科医療安全・感染制御研究会 ~ 滅菌管理部 sterilization & infection control ~

Advanced Care Dental Officeの滅菌管理研究会 オートクレーブ・プレバキューム高圧蒸気滅菌器のボウィー・ディックとヘリックス試験(BOWIE & DICK Test / Helix Test)、Class6/ケミカルインジケータ CI 結果を公開。BA(生物学的モニタリングテスト)東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438

2014.10.02 歯科業界の裏話?

昨日は院長とスタッフでエイズ講習会に行って参りました。歯科の先生の発表もあり、色々と勉強になりました。まだまだ歯科ではバリデーションを行うまでには至ってないようです。当医院では業界の中でも先駆けでバリデーションを行い、またネット上で結果を公表しております。

f:id:tokyo-microscope:20141002091354p:plain

自動制御された滅菌器から印字される物理的インジケータは滅菌完了。内部に入れているヘリックステスト、ボウィーディックテストも合格しております。

f:id:tokyo-microscope:20141002122326p:plain

本日は2回滅菌器が稼働。内部に入れているヘリックスも合格しています。

f:id:tokyo-microscope:20141002125403p:plain

f:id:tokyo-microscope:20141002112603p:plain

本日の患者様に使用した器具の包装内部に入れてあります、クラス6のケミカルインジケータ、およびヘリックステストの結果です。見本と比べて頂けますと一目瞭然かと思います。

当医院ではこの器具の開封を診療前に患者様の目の前で行います。ただ滅菌していますという口約束的でよくわからない信頼の上に成り立つ言葉よりも、目の前での開封の方が一目瞭然です。

ただ開封する私達もドキドキしますが。いつも患者様には申し上げますが、試験紙の色が変わっていないのはドキッとしますが、機械のする事です。故障が100%起きないという保証はありません。むしろ起こって当然です。

もし色が変わっていなければ、ただきちんと滅菌された、つまり色が変わった器具に取り変えればよいのです。そこで言い訳したり、下手は小細工はいりません。その方がむしろ安心だと思いませんか?

 

バイオロジカルインジケータ培養中です。

 

今日は某業者様に、全てを滅菌すれば良いという滅菌神話のようなお考えの方もいらっしゃいますが、ガイドラインにもあるように、スポルディングの分類に当てはめ、消毒レベルでよいものは消毒を行えばよく、滅菌する必要はないと言われました...

 

私は常日頃から気になっているのですが、CDCのガイドラインでは、印象のトレー(型取り型)はセミクリティカルなので、消毒で良いとなっています... 感染管理を勉強されている方は皆さんおっしゃるのですが、疑問に思わないんでしょうか?

 

日本での型取りって、麻酔もしているし、40歳以上の80%は歯周病で歯肉はブヨブヨ、出血しまくりですよね?血液がついた印象なんて日常茶飯事です。そうですよね?このブログを見ている業界の皆さん!血液ついてるのに、滅菌しなくていいんですか?しかも、印象用のトレーはプラやシリコンではなく金属でできてるし、滅菌できるのに?

 

私から言わせれば、頭でっかちです。感染制御の本質を理解していない。ヨーロッパでセミクリティカルな扱いなのは、何か意味があっての事。それを日本に当てはめるのはよいですが、原理原則が間違ってる。よくある日本人の◯◯ちゃんが良いって言ってたから、とか、◯◯くんが美味しいって言ったからという人が言ったから私も的な浅はかな考えです。

 

アメリカでどうであろうと、ヨーロッパでどうしていようと、ここは日本です。原理原則がわかっていれば、本質は自ずと見えてくるもの。

 

多分... アメリカやヨーロッパは歯のクリーニングにめちゃめちゃ力を入れてるんですよ。ですから、歯肉からの出血も少ない... 例えばそうは考えられないでしょうか?

 

当医院では全て滅菌です。滅菌できない物は使わなければ良いのです。医科では既に、汚れにくい器具の開発や、器具の管理ができるナンバリングなど、歯科では考えもつかないほど、上のレベルは高くなっています。

 

メーカーは私達を馬鹿にしていますので、知らないだろうと思って、粗悪品を売りつけます。そして、海外の最新の情報は教えず、自分達の都合の良い解釈だけを私達に伝えてきます。勉強していないと騙されます。

 

しかしながら、海外の製品は買えるディーラーが決まっているので、わかっていても古い型の物を買うしか無いし、言われたままに高額な金額で購入するしかない。そのしわ寄せは結果として患者様の歯を引っこ抜いてインプラントでその費用を補填するという患者様への粗悪な治療という質の低下という形で提供されます。

 

この業界は閉鎖的ですごく問題があります。まあどうにもならない大きな圧力ですけど。

 

さて愚痴はこの辺にして。明日も患者様のために。感染制御に力を入れてまいります!

バイオロジカルインジケータ培養中です。

 

**********************

f:id:tokyo-microscope:20141003095850p:plain

本日も滅菌保証がなされております。

 

イリタニオフィス滅菌管理研究会

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438