読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京歯科医療安全・感染制御研究会 ~ 滅菌管理部 sterilization & infection control ~

Advanced Care Dental Officeの滅菌管理研究会 オートクレーブ・プレバキューム高圧蒸気滅菌器のボウィー・ディックとヘリックス試験(BOWIE & DICK Test / Helix Test)、Class6/ケミカルインジケータ CI 結果を公開。BA(生物学的モニタリングテスト)東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438

本日の物理学的インジケータ 06132~06135 10-6 以下の無菌性保証水準(SAL)

本日は休診日ですが、私、戸田が勉強会で会場として医院を間借しておりまして、滅菌作業のみ行っております。

 

日本の歯科ではこの物理学的インジケータは一般的ではありませんが、ヨーロッパの歯科医院ではこの印字は法律で義務化されており、数年間の保存が義務化されています。

ヨーロッパはBSEのプリオンの問題があり、非常に感染管理にシビアです。

 

当院でもガイドラインに準じて滅菌状況をモニターしています。

2003年のCDCのガイドラインを一部抜粋します。

****************************

滅菌モニター

滅菌処置のモニターには,機械(物器)的,化学的,生物学的なものを含めこれらのパラメータの組み合わせが含まれるものとする。これのパラメータは,滅菌条件と処置の有効性の双方を評価するものである。滅菌をモニターする機械的方法には,滅菌のサイクル時間,温度,圧力を滅菌器の測器または表示器で評価し,各積込量に対するこれらのパラメータを書き留めることなど含むものとする。卓上滅菌器のなかには,これらのパラメータをプリントアウトする記録装置が付いているものもある。正しい表示度数が,滅菌を保証することではないものの,正しくない表示度数は,滅菌サイクルに問題が発生したことを最初に示している。

 

****************************

f:id:tokyo-microscope:20140907184254p:plain

以下はヘリックステストの結果です。

f:id:tokyo-microscope:20140907184347p:plainヘリックステストは管腔状の器具の内部まで飽和蒸気がきちんと行き届いているかを確認する試験紙です。歯科では、歯を削るドリルや、水や唾液を吸うバキュームと呼ばれる器具など、管状の器具が多くありますので、その内部まで蒸気が浸透し、滅菌されているかを確認する事が非常に重要となります。

 

例えば、私達がいつも患者様の基本器具に入れているクラス6の試験紙は、表面に蒸気が当たれば色が変わる仕組みですので、管状の内部の滅菌の証明にはなりません。

 

私達はできる限りの保証を証明しています。

 

 今週も皆様に誰が見てもきちんと滅菌された器具で、診療を行って参ります。

 

ちなみに、このインジケータは規格化されており、例えば海外から医療従事者がきて当医院の器具を見ても滅菌されているという事が証明されますし、例えば当医院の器具を海外に輸送しても滅菌が証明される仕組みとなっています。(海外の輸送時の再汚染の問題がありますが、あくまで例えの話です)つまり、当院の器具の証明は、世界のどこへ行っても、世界の誰が見ても滅菌されていると保証されている器具という事です。

 

イリタニオフィス滅菌管理研究会

 

 

 

 

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438