東京歯科医療安全・感染制御研究会 ~ 滅菌管理部 sterilization & infection control ~

Advanced Care Dental Officeの滅菌管理研究会 オートクレーブ・プレバキューム高圧蒸気滅菌器のボウィー・ディックとヘリックス試験(BOWIE & DICK Test / Helix Test)、Class6/ケミカルインジケータ CI 結果を公開。BA(生物学的モニタリングテスト)東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438

滅菌保証 2014.06. 21(土)オートクレーブ始業前試験運転 CI BI 物理的インジケータ

 

おはようございます。本日担当相澤です。

 本日の高圧蒸気滅菌器オートクレーブ始業前試験運転結果です。

 

f:id:tokyo-microscope:20140621095459p:plain

 

 

BDテスト、gkeバッチモニタリングテストBMS(ヘリックステスト)共に合格です。

左 物理  右上 gke PCD for BMS & BDテスト(未滅菌)

      右下 gke PCD for BMS & BDテスト(滅菌)

 

 只今BIは培養中>>>

 

 今日のトピックス 

病気と闘うための外からの味方:薬

体の防御システムは外界からの攻撃の多くから私たちを守ってくれます。予防接種でさらに防御を固くできる病気もあります。しかし、大きな開放創があったとしたら事態は深刻です。細菌の自己増殖があまりにも速く、免疫システムが追いつけない恐れがあるからです。腫脹や炎症が進み、侵入者の自己増殖に歯止めをかけなければ、命を落とす事さえあり得ます。

体内に病原菌がいるから人は病気になります。それで薬を用いて体の中の戦士を援護する方法をとります。これらの薬は微生物を殺滅しても患者を殺すことがないよう入念に選ばなければなりません。多くの薬は生きた植物もしくは他の生物体から取り出され、他は医薬品工場で製造されます。さまざまな病気に対し、特定の薬があります。

細菌を殺す薬を抗生物質といいます。真菌を原料とするペニシリンは最も有名な抗生物質であり、細菌を原因とするいくつもの病気の治療に利用されています。

 

バイオロジカルインジケータ10時間培養合格です。

f:id:tokyo-microscope:20140622102126j:plain

文献

 f:id:tokyo-microscope:20140622102523p:plain

 

イリタニオフィス滅菌管理研究会

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438