東京歯科医療安全・感染制御研究会 ~ 滅菌管理部 sterilization & infection control ~

Advanced Care Dental Officeの滅菌管理研究会 オートクレーブ・プレバキューム高圧蒸気滅菌器のボウィー・ディックとヘリックス試験(BOWIE & DICK Test / Helix Test)、Class6/ケミカルインジケータ CI 結果を公開。BA(生物学的モニタリングテスト)東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438

滅菌保証 2014.06.14(土)  化学的インジケーターclass6 内部コントロールCI

本日は8名の患者が来院しました。

f:id:tokyo-microscope:20140614172409p:plain

各患者に使用する器具の包装内部に挿入している化学的インジケーターclass6の判定結果とヘリックステストより、器具包装の内部まで滞りなく滅菌蒸気が行き渡っている事が確認されました。

一番下、向かって左のインジケータは未滅菌のサンプルです。

 

 

全てのインジケータが赤色から緑色に変化しております。

器具包装内部まで滞りなく蒸気、湿熱、圧力がゆき渡っていることが事が確認されました。

 

本日のトピックス

体を病魔の闘い

 

永住者と短期滞在者;常在菌と通過菌

体表や体内に厖大な微生物が生存していることは、先日お話した通りです。大腸、小腸、鼻、のど、皮膚、髪、口腔、直腸、手指など、外界とどのくらい接触しているかにかかわらず、微生物はあらゆる場所に棲息しています。数が多いばかりではなく、実に多くの種類があります。多くの微生物は植物」として見なされます。植物学ではある区画の植物を総称することが多く、この総称を「フローラ」と呼びます。同じく、体のいろいろなところに生育するさまざまな微生物もフローラと称されます。鼻内細菌フローラ、口腔細菌フローラ、皮膚細菌フローラという具合です。

体表や体内に普通に棲息する微生物フローラは錠剤フローラ(常在菌)と呼ばれます。その多くは無害であるどころか、より有害な微生物から私たちを守るといった、重要な役割を担っていることさえあります。このように無害な微生物は片利共生生物を呼ばれています。

 

私たちといつも矯正している微生物とは別に、一時的に一緒になる微生物もたくさんいます。呼吸とともに吸い込むこともあれば、食物とともに取り込んだり、単に接触して付着したりもします。これら「一時的な旅客」は、一過性フローラといいます。その多くはやはり無害ですが、なかには危ない厄介者もいます。一般的な細菌の種類と常在菌としての棲息箇所、またそれぞれの細菌が惹き起こす病菌についてはまた後ほど述べるとします。

 

イリタニオフィス医療安全滅菌管理研究会

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療イリタニオフィス 予約専用回線 03-5638-7438